スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンリ・ル・シダネル展

    poster 2
 
そういえば先日、
薔薇と月夜を愛した画家
アンリ・ル・シダネル展 (11/12 - 2/5 @埼玉県立近代美術館) を見に行ってきました。
数年前 大原美術館で「夕暮れの小卓」という絵を観て以来、
何だかル・シダネルのことが気になっていたのです。

展示されていた絵は想像通り、どれも穏やかで満ち足りていました。
カーテン越しに灯りのもれる家や、昼下がりの庭や、食後のテーブル。
ほとんどの絵には人物が登場していないのだけれど、
そこには人の気配を感じさせる確かな温かみがあって、
ル・シダネルの身近な誰かがひょいと絵の奥から姿を現しそうな気がしました。  

彼が薔薇で埋め尽くそうとしたパリ北方の村、ジェルブロワにも興味津々。 
いつか訪れる機会に恵まれると良いな。

-----------------------------------

帰りがけにミュージアムショップに立ち寄ってみたのですが、
気に入った絵はどれもポストカードになっていませんでした。
がっかりしたのですが、そこはポストカードコレクター。
企画展とは関係のないポストカードの中から、めげずに可愛いものを探してきました。
美術展に出掛けるときは、ミュージアムショップをのぞくのも、大きな楽しみのひとつ。
  
   ちなみに、お気に入りだった絵は、
  「ルイ・シダネルの肖像」、「イヴォンヌ・ル・シダネルの肖像」、
  「夕日のあたる大聖堂」 〔ボーヴェ〕、
  「黄昏の古路」、「春の空」、「室内」 〔3点ともジェルブロワ〕
でした。


                山本容子さんのLucasポストカードセット
                Lucas postcard
  Lucas in a dream eating Lucas Lucas on a chair
  Lucas in the Blues Lucas's escape Sleeping Lucas

                   広重、ウォーホル、ローランサン。
LES CHATS Hiroshige Fairy and Christmas Ornaments,ca.  Andy Warhol    Bouquet  Marie Laurencin

(写りが悪くて伝わりにくいかもしれませんが、
 Lucasシリーズは茶目っ気たっぷりで、私のような犬好きにはたまりません!)

 このところ展示に向けて座り仕事が続いていることもあり、良い息抜きになりました。
 さて、もうひとがんばり もうふたがんばり。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

indigo

Author:indigo
かすかな光(glimmer)でも、
誰かの心にぽっと
灯をともすような作品を。
そんな風に願いながら、
羊毛人形をつくっています。

iichiに出品してます↓↓↓
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。