スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南 桂子展

日曜日、南 桂子展を見てきました。
南 桂子展(@群馬県立館林美術館 12/10- 4/ 8 )

    poster 5

少女や鳥、お城や植物をモチーフにした南さんの銅版画。
初めて見かけたのは、軽井沢現代美術館のパンフレット(だったかな・・?)
モダンで、どこか無国籍な印象を漂わせた作品に興味を惹かれて、
いつか生の作品を観たいなと思っていたら、なんと近場で生誕100年を記念した展覧会が!
開期終了間近、それも館林美術館が全国巡回の最終会場ということで、急いで出掛けてきました。

ハイセンスな図案、配置、配色。
今もなお新しい作品群に、ぽーっと見惚れてしまいます。
そばで見ていると、作品を構成する線種の豊かさにも驚く。
銅版画だから余計にそう感じたのでしょうか、
作品を通して ひとつの線の持つ力、重要性みたいなものをしみじみと感じました。

南さんの書いた「たつをのサジ」という童話も素敵でした。
妹姫の思い出をいつか伝えようと旅を続ける匙。
悲しくも美しい、どこか遠い国のお話には、銅版画と同じテーマが流れているように思えました。

下は、恒例のお土産ポストカード。
       ↓ ↓ ↓
 postcard 9   postcard 10
      「花の籠」          「公園」        展示と関係のない、ゾーヴァのカードもお土産に。   

風もなく、よく晴れた日曜日。
広々とした美術館の周りを歩くのも本当に良い気分。
思わず顔が( きっと桜のつぼみも )ほころぶ一日になりました。
 
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

indigo

Author:indigo
かすかな光(glimmer)でも、
誰かの心にぽっと
灯をともすような作品を。
そんな風に願いながら、
羊毛人形をつくっています。

iichiに出品してます↓↓↓
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。