男の意地と夫婦愛。

昨日は松竹大歌舞伎 熊谷公演の昼の部を観てきました。
昨夏は逃しましたが、ここ数年続けて出掛けています。

今年の公演は、
「双蝶々曲輪日記 角力場(すもうば)」、
「三代目中村又五郎 四代目中村歌昇 襲名披露 口上(こうじょう)」、
「傾城反魂香(けいせいはんごんこう) 土佐将監閑居の場」。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

元々 私は、歌舞伎俳優としての中村吉右衛門さんが好きなのですが、
加えて相当な鬼平犯科帳ファンでもあるので、
角力場で吉右衛門さんの姿を見た瞬間は、「長谷川平蔵だ~…♥」と大興奮。
もちろん役柄は火付盗賊改ではなく、人気力士 濡髪長五郎の役でしたが(笑)

吉右衛門さんのすてきな口跡と、独特な存在感。
登場の際に、客席の空気がスッと変わるのを、肌で感じます。
こういう空気感やオーラというのは、画面を通してではなく、生でないと伝わらないものだと実感。
体躯を堂々と見せるために高下駄や重ね着によって工夫された力士のフォルムも、
何とも特徴的で面白かったです。

いかにもお人好しのボンボンといった風情の与五郎、そして、濡髪長五郎と放駒長吉の対比、
ユーモラスな世話狂言でした。

夫婦愛を描いた義太夫狂言「傾城反魂香」もとても良かったです。
思うようにならない現状に苦悶する夫、
夫の心情を思い遣り、何とか夫の願いを叶えてやりたいと奮闘する妻。
夫婦の心が共鳴する様が悲しく、美しく、切々と胸に迫ります。
浮世又平(中村又五郎さん)とおとく(中村芝雀さん)の熱演に
客席全体が息を詰めて見入る瞬間が、何度もありました。
辺り一帯が ………シン……… とするあの感じ。
あの緊迫感を自分のからだと言葉でつくり出せるなんて、役者さんはすごい。

最後の出立のシーンの演出にも、ほのぼの温かい気持ちになりました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2つの演目共にどちらかと言うと地味目で、派手さに欠けるのかもしませんが、
まだ知らない演目だらけの私は、新しいものに触れられてほくほく。
充実したひと時を過ごすことができました。

さあ、今月は制作の予定が詰まっているので、頑張ります^^
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

indigo

Author:indigo
かすかな光(glimmer)でも、
誰かの心にぽっと
灯をともすような作品を。
そんな風に願いながら、
羊毛人形をつくっています。

iichiに出品してます↓↓↓
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR