スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルセー美術館展

   オルセー美術館展

7/9日から国立新美術館で開催されている、オルセー美術館展 に出掛けてきました。

夏休み後の平日、会期の中頃にも関わらず、会場はかなりの賑わい。
(賑わっているといっても、タイミングを計ればしっかりと好きな絵の前で佇むことができますし、
“やっとこの絵の前に来れた”という妙な達成感も感じられます 笑 )

実際のオルセー美術館を訪れて、所蔵作品を見ることができれば最高ですが、
「よし、パリに行こう」とすぐすぐ飛び立てないのが現実 ^ ^;
この機会に美術展を見られるだけでも幸せです。
印象派の名画84点は、やはり見応えがあるものでした。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今回購入のポストカード(=気に入った絵画)はこちら。

           クロード・モネ/アパルトマンの一隅
 オルセー美術館展 2
 エドガー・ドガ/バレエの舞台稽古        ベルト・モリゾ/ゆりかご

オルセー美術館展 3
         ポール・セザンヌ/スープ入れのある静物

モネの『アパルトマンの一隅』は、不思議な印象の絵でした。
奥の部屋の翳り・・薄暗くひんやりした感じと、手前の陽光の明るさ。
カーテンの華やかな色柄と、植木鉢の涼しげな色柄。
明暗、寒暖が交差する中で、首を傾げるようにして立つ少年。
(奥には女性も。モネの妻子の姿なのでしょうか。)
愛らしい姿なのだけれど、その表情は読み取れません。
どことなくアンバランスで、心を惹かれる一枚です。

ドガの『バレエの舞台稽古』は、
少女たち銘々の仕草や、サモンピンクがかったチュチュのふんわり感がお気に入りです。

モリゾの『ゆりかご』は、ゆりかごの中ですやすやと眠る赤ちゃんが何とも言えず可愛い。
赤ちゃんを包むヴェールの透け感や柔らかさも伝わってきます。
赤ちゃんを見つめる母親の、幸福感の中にどこか憂いも感じさせるまなざしにも、自然な良さがあります。

『スープ入れのある静物』は、赤いテーブルクロスの模様や質感がとても素敵。
スープ入れも果物も、どっしりとした存在感と重みを備えていて・・
セザンヌの静物画はやはり良いなあと、再発見しました。
スポンサーサイト

Comment

おー!あのテレビでよくCMしてる美術展だね。美術展を楽しむなんてかっこいいなー。ポストカードどれも素敵だね!モネのやつすごい印象的、なんか見いってしまうね。

☆くりおちゃん

そう、CMを観ては会期中に行こうと思っていたんだ~i-179
最近、「バルテュス展」とか「こども展」とか、観たかった美術展の会期を逃してばかりいたものだから。。

かっこよくなんてないよi-201
美術史の知識も、深い洞察力も何も持たず、会場を徘徊しているだけなの…(笑)
美術館の雰囲気が好きなのと、
有名な絵を間近で見て何か感じられたらいいなあ、という下心も少々i-189

ポストカードの絵 印象的だよね、モネ=風景画のイメージと少し違うのも良かったな♪
非公開コメント

プロフィール

indigo

Author:indigo
かすかな光(glimmer)でも、
誰かの心にぽっと
灯をともすような作品を。
そんな風に願いながら、
羊毛人形をつくっています。

iichiに出品してます↓↓↓
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。