6月の映画

 今月観た中で、良かった映画。
 “今月”と言いながら、久々のレビューです。1年振りくらいかも…。


    WHIPLASH
         「セッション」

原題は「WHIPLASH」、邦題は「セッション」。

名門音楽学校に入学し、世界的なドラマーを目指す青年ニーマンと、音楽学校の鬼教師フレッチャー。
音楽映画でありながらスポ根の要素も多分に含む、異色の作品です。
魂のぶつかり合いとも言うべき、ふたりのセッション(?)がとにかく凄まじい。
音楽に魅了された人間の情熱、孤独、狂気が熱く、時に生生しく描き出されます。

J.K.シモンズの演技はもちろん素晴らしいのですが、何と言っても脚本が秀逸だったと思います。
後半に向かうにつれ、予想外の展開が重なっていき、手に汗にぎる大興奮…!!
爽快なラストも最高です。

レイトショーで観賞したのですが、気持ちが昂ぶってその夜は中々寝付けませんでした。
観賞後、「WHIPLASH」と「CARAVAN」の音楽が離れない方、沢山いるのではないでしょうか

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

indigo

Author:indigo
かすかな光(glimmer)でも、
誰かの心にぽっと
灯をともすような作品を。
そんな風に願いながら、
羊毛人形をつくっています。

iichiに出品してます↓↓↓
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR