アビシニアン

オーダー品の、猫(アビシニアン)の人形が完成しました。

人形のモデルは、ある女性の愛猫で、実在する猫ちゃん。
その気品のある姿かたちや、凛々しい表情は、飼い主であるご本人にそっくりです。

よく「飼い主とペットは似る」という話を聞きますが、
人は、どこか自分に似た雰囲気の動物を傍らに置きたくなるのでしょうか。
それとも、共に暮らすうちにどちらともなく似てくるのかしら…?
いずれにしても、不思議な現象です。

    アビ

人形のサイズは、地面から耳の先までが13cmほど。
少し大きめのサイズ感で、掌にほどよい重さです。
(その重みは、みっちりと植毛していることによるのかもしれません。)

植毛の人形とはいえ、リアルな仕上がりというよりはどこか大掴で
人間のような趣なのが、私の人形らしい気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
猫ちゃんは小花柄(青×こげ茶)の、円いおざぶにおすわり。
写真には掲載しておりませんが、おざぶの下に四角い木製台もお付けしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

完成したお人形が、どうか猫ちゃんの飼い主である女性と、
その方の大ファンである、今回のオーダーを下さったお客様に喜んでいただけますように

双子

オーダー品が完成いたしました。
以前の「味系#6 スタンダード・プードル風の女の子」と同じデザインの子です。

基本的にまるっきり同じデザインの人形というのはおつくりしていないのですが、
お客様が3人展で売約済になっていたプードル風の女の子をいたく気に入って下さいましたので、
今回は特別に“双子”という設定で制作してみました。
つまり、この子は妹にあたります^^

   味系 #6'

毛色も、小物も、睫毛だって同じ色。
リバティ生地も同じ赤・ピンク系のベッツィを買い求めました。
(某デパートの手芸フロアで、親切で知識豊富な店員の方が
 山のようなリバティ生地の中から一緒に探して下さいました…感謝✿)         

けれど不思議なことに、つくり終えてみるとやはり、何かがどこかが違います。
まさに本物の、双子みたいに。

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

プードル・ツインズは同じ時間を共有することなく、別々の場所で暮らすわけなのですが、
いつか遭遇することがあったら面白いのになー…なんて、
作者である私は毎度のことながら、勝手なことを考えます。

姉と妹はそれぞれに、どんな素晴らしい毎日を暮らすのでしょう。

     味系 #6'-1

K様、お待たせいたしました。
お届けまでもう少々お時間頂戴いたしますが、妹プードルをどうぞよろしくお願いいたします

続 招き猫

さてさて、続 ネクタイベアトリオと続アフロべアに続き、続 招き猫。
この頃は続つづきです。

以前、招き猫 を制作したことがありましたが、
その子をご覧になったお客様からオーダーをいただきました。

今回の招き猫さんの嫁ぎ先は、阿佐ヶ谷のとあるお蕎麦屋さん。
昨年OPENした、新しいお店です。
お蕎麦屋さんへ嫁ぐと本人も知っているのでしょうか、
今回の招き猫さん、きりりとシャープで、ちょっと粋な顔をしています。

   招き猫 2

こちらの招き猫さんは、お母様からお蕎麦屋さんの店主である息子さんへの贈り物。

お母様から、新しいスタートを切った息子さんへ。
喜びも 不安も、祝福も ねぎらいも、頑張れのエールも…
きっと、様々な思いや願いを込めた贈り物なのだろうなと思います。
その思いや願いの例えば一端でも、
招き猫さんから息子さんに、そして、お店を訪れたお客様に伝わりますように。

使命を受けた猫さんの首元の鈴が、りんりんと鳴っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年中にオーダーをいただいておりましたのに、
制作開始は3人展の後で…という厚かましい申し出をご快諾いただき、誠にありがとうございます。
オーダーからお渡しまで、誠に長らくお待たせいたしました。

どうぞ息子さんのお店が、大勢の素敵なお客様に恵まれますように!
陰ながら私もお祈りしております。

招き猫さん、頼んだよ

三兄弟

今回もまた、作品展に展示した人形のご紹介です。
フレンチブルドッグの 「三兄弟」

 三兄弟


      難しい顔をして、思案に暮れている青い子。
      彼はさしずめ哲学者?

    三兄弟 1

     端から端まで、夢中で新聞を読んでいる赤い子。
     彼はさしずめ記者志望?

    三兄弟 3 

              眼鏡をずらすとちょいワル風。

    三兄弟 4

     暢気にすやすや 居眠りをしている緑の子。
     彼は…間違いなく自由人。

    三兄弟 2

お揃いのボーダーTシャツにデニムに靴を身に着けてはいても、個性はそれぞれ。
同じ屋根の下で、自由にそれぞれの時間を過ごします。

余談ですが
どの子が一男、二男、三男なのかはご想像にお任せします。
(考えたのだけど、決められなかったのです 笑)

花祭り

  先日の3人展で展示した人形たち。    
  これまでブログに登場していない人形がずいぶんありますので、
  サイズの大きなものを中心に、今日から数回に渡ってご紹介していきたいと思います。  
  会場で実際の人形をご覧くださった方は、
  「また きみか~。」とお思いになるかもしれませんが、どうぞお付き合いくださいね✿

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    まずは、「花祭り」
    山深い、小さな村の花祭りを想像してつくりました。
(この子をとても気に入って下さったお客様がいらしたのですが、非売品にしておりすみません!)
  
    花祭り

     背丈20cmを少し越える、中々がっしりとした体躯の猫です。
     首、手首、足首。
     首と名の付くところに花の輪を巻き、おめかしをしています。

 花祭り a
    
    花祭り c
          帽子を取ると、ひょいと小さなお耳が現れます。 

    花祭り b

   今夜は村の花祭り。
   大人も子どもも 野の花でおめかしをして、一晩中 踊り明かします。
   広場は楽団の音楽と花の香りで満ちて、夜空にはチカチカと無数の星が瞬く。
   とてもにぎやかで、それはそれは ロマンチックな夜です。  
 
   今はまだ昼下がり。
   青い花々で着飾った猫青年、これからあの娘を誘いに行くのかな。

プロフィール

indigo

Author:indigo
かすかな光(glimmer)でも、
誰かの心にぽっと
灯をともすような作品を。
そんな風に願いながら、
羊毛人形をつくっています。

iichiに出品してます↓↓↓
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR